2005年09月27日

伏せのお勉強

伏せを覚えた。
じゅびの伏せは

ドタバッタンと音をたてて、べたぁんと寝そべる。

とってもキュートである。

bjbIMG_6947.JPG


正しい伏せの型じゃないのはわかってるけど
この先も特に修正するつもりはない。
びんの伏せも「それじゃぁ休めだろ」って形である。
お座りだって、おねえちゃん座りが多い。

一応びんさんは正しい形もできる。
それはオヤツが懸かってたりシープなんかで気合が入ってるとき。
シャシャッとすぐに立てる準備ができてるときとでもいおうか。
「はひぃ、伏せるのかぁ」ってときはダラリ〜とだらしなくなる。

しかし、恐らく訓練競技の世界に足を踏み入れることはないだろうから
たとえ「伏せのような形」「座ってるらしい」でもじっと待てれば
な〜んの問題もないのだ。

必要なのは「伏せらしい、お座りらしい」である。
これはNDAの待て大会では必須となる(笑)

やってる競技によって、習得しなくてはいけないことが違う。
もしショーに出すんなら、お座りってあんまり教えないらしいよ。
ショードッグな皆さん、手足をシャキッと伸ばしアゴをすぅんっと上げて
カッコ良く仁王立ちしてるもんね。


じゅびは仔犬なので関節が柔らかいんだろうけど
大人になっても柔らかい子はべったり亀ポーズになる。

なんかさー、じゅびってずっとカメな感じでいそうな気がするんだけど。

なんの根拠もないけど・・・

   なんとなく・・・

      キャラ的に・・・

んでもって、見てくれは立派な成犬ボーダーになっても
「DOWN」コマンドで、

ドタバッタンべたぁん

とやってて欲しい。
ついでに耳がペロリンとひっくり返ってると尚よろしい。

bjbIMG_6950.JPG


きっと生家でもそう思ってるに違いない( ̄m ̄*)

ニックネーム びんじゅび at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 修行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする